バカラ(baccarat)

バカラ

バカラは、プレイヤーとバンカーの両者のどちらが勝つかを当てていくトランプゲームです。日本で言うサイコロを2つ使って、それらの出目の合計が偶数であるか奇数であるかを当てていくようなスタイルと似ており、バカラは与えられた2枚のトランプの中身の合計の数がプレイヤーとバンカーのどちらに優っているかを当てていきます(正確には2枚もしくは3枚で)

但し、合計の数といっても単に合計の和で競うものではなく、ここが大事な点で、合計の和の1ケタ目の数字で競うゲームがバカラです。勝敗は、当然大きい数の方が勝ちとなります。

例えば、2枚のカードが"9"と"7"のカードだった場合、9+7=16となり、1ケタ目の数字は6となります。

バカラは、プレイヤーとバンカーのそれぞれに渡った2枚もしくは3枚のカードで合計の1ケタ目の数がどちらに優っているかを観客の立場から当てていくゲームとなります。

配当について

バカラの1ゲーム勝敗 的中した配当
プレイヤー 1:1
バンカー 1:0.95
タイ(引き分け) 1:8

バカラでプレイヤーもしくはバンカーに賭けた場合の通常配当は、本来なら1:1ですが、バンカーに的中した場合の配当は、1:0.95となります(1ドルを賭けた場合、賞金が0.95ドルの計1.95ドル還元)

実はバカラというゲームは、バンカーにほんの少しだけ勝ちやすくなるように調整しており、その分を手数料として5%を差し引いております。つまり、バンカーに賭けて配当を得られやすくなりますが、その分の5%がカジノ側へのハウスエッジを意味しています。

タイ(tie)は、1ケタ目の数が両者ともに同じだった場合を示しており、発生する確率も極めて低いことから、タイに賭けて当たれば高い配当がもらえます。プレイヤーもしくはバンカーに賭けてタイだった場合でも、賭け金だけ還元されて、差し引きゼロとなります。

3枚目のカードが与えられる場合(参考)

2枚のカードが与えられた後、3枚目が追加で与えられる場合があります。これには、ちゃんとした順序と法則があります。

順番として、まずプレイヤー側の3枚目の有無が決まって、次にバンカー側の3枚目の有無が決まります。3枚目の追加の有無は以下のように決まります。

  • ①プレイヤー自身の2枚カードの合計の数に応じて、3枚目の追加の有無が決まる(プレイヤー側)
    結論として、最初の2枚の合計の数が0~5の場合は、3枚目のカードを引き、6~9の場合は、その数でそのまま勝負を賭けます。
  • ②プレイヤー側の最終の合計の数とバンカーの2枚の合計の数に応じて、3枚目の追加の有無が決まる(バンカー側)

プレイヤー側の3枚目の有無

プレイヤーの2枚のカード 3枚目のカードの有無
0~5 引く
6~9 引かない

バンカー側の3枚目の有無
(○:3枚目を引く ×:3枚目を引かない)

バンカーのカード プレイヤー側の3枚目のカード
なし 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
0
1
2
3 ×
4 × × × ×
5 × × × × × ×
6 × × × × × × × × ×
7 × × × × × × × × × × ×
8
9

最強クラス「ナチュラル」について

プレイヤーもバンカーもお互いに2枚のカードで勝負に挑むのは、結局のところ、6~9の場合を示しています。

しかし、例外として、プレイヤーかバンカーの少なくともどちらかが2枚のカードの合計が"8"または"9"になった時点で、そのゲームはお互い2枚のカードで勝負を賭けることになり、数の大きい方が勝ちとなります。

2枚のカードで"8"または"9"で、さらに相手側にも強制的に2枚のカードで挑ませる点で有利な最強カードとして挙げられ、これを『ナチュラル』と呼ばれています。

本場バカラの雰囲気

gotoTop