カリビアンスタッドポーカー(Caribbean stud poker)

カリビアンスタッドポーカー

今、数多くの種類、タイトル共に世界中に飛び散っているポーカーゲーム!
ポーカーゲームは、手役を作って強さを競うカードゲームとして有名です。

ポーカーには、手役が仕上がるまでの過程、対戦構成、ベットのタイミングなどによって、様々なゲーム種類が存在しています。

カリビアンスタッドポーカーは、3大ポーカーの「スタッドポーカー」に代表されるもので、最もシンプルなゲーム内容として有名です。その名のごとく、カリブ海諸島域のカジノや遊覧船では人気のあるゲームです。

このゲームは、プレイヤーとディーラーの1対1の対戦型ゲームで、どちらの手札が強いかを競います。与えられたカード5枚の途中の交換作業が一切無く、プレイヤー側のオープン(公開)された手札に対して、勝負に出るか否かを決めるやり方です(ディーラー側は1枚のみオープン状態)

このゲームで使うハンド(役)についてはこちら!

ルールや遊び方について

まず、カリビアンスタッドポーカーには、テーブル上に「ANTE(アンティ)」、「BET(ベット)」というチップを置く箇所が存在します。

ゲームの流れは、以下となります。

ANTE(アンティ)にベット

①プレイヤーは「ANTE(アンティ)」に賭け金のチップを置きます。

手札の判断

②ディール作業でプレイヤーとディーラーにそれぞれカードが5枚ずつ配られます。プレイヤーは全カード5枚とも中身がオープン(公開)とされ、ディーラー側は最初の1枚だけ公開されています。

この状況から、5枚の手札に対して、勝負に出るか否かを決めます(勝負に出るなら「コール」、降りる場合は「ホールド」を選択)

BET(ベット)に倍額のチップを置く

③勝負に出る場合、「BET(ベット)」にチップを置きます。但し、「ANTE(アンティ)」に置いた金額の倍のチップを置きます。

手札の比較

④お互いの手札が公開され、手役の強さを比較します。ディーラに優る手役であれば勝ちとなり、配当を獲得できます。

※プレイヤーが「ストレート」、ディーラーが「ワンペア」の手役により、プレイヤーの勝ち!!

ANTE(アンティ)より1:1、BET(ベット)から手役の強さで高額配当

ハンド(役) 配当倍率
ロイヤルストレートフラッシュ 100倍
ストレートフラッシュ 50倍
フォーカード 20倍
フルハウス 7倍
フラッシュ 5倍
ストレート 4倍
スリーカード 3倍
ツーペア 2倍
ワンペア 1倍
ハイカード(エース/キング) 1倍

BET(ベット)から獲得賞金

このゲームは、ディーラーと1対1の対戦で互いの手役の強さを競います。

手役が強い方が勝ちとなり、配当も役が強いほど高配当を獲得できます。但し、強い役に応じた配当を得るには条件があります。

例えば、プレイヤーが「ストレート」の手役だった場合、ディーラーが「スリーカード」以下の弱い役なら勝ちとなります。ここでまず、ANTE(アンティ)に置いたチップの同額の賞金が支払われます(1:1の配当)

このANTE(アンティ)とは、「参加料」といって、勝負に参加して勝った場合の通常的な配当といったようなものです。ブラックジャックでプレイヤーが勝った場合の1:1の配当の意味合いと同様です。

当然のように、配当を得られるのはANTE(アンティ)だけではありません。

別の箇所である「BET(ベット)」に置いた倍額のチップからも配当が得られます。ここのBET(ベット)から手札の役が強ければ強いほど、大きな配当を得られるという訳です。

但し、これには条件があります。この手役に応じた高配当を得るには、「クォリファイ」というルールが存在します。クォリファイとは、ディーラーの手札が「ハイカード以上の役が揃っている場合の条件」を指しており、互いに手役が成立している場合のみ賞金を手にすることができます。

もし、ディーラーが5枚の手札としてクォリファイが不成立の場合は、ディーラー側が自動的に勝負を降りることになり、プレイヤーの勝利となりますが、不戦勝という形で配当はBET(ベット)から賭け金の返還のみとなります(賞金は、ANTE(アンティ)のみ)

※ディーラーが手役をもっておらず、プレイヤーが「ワンペア」を出してもBET(ベット)からは賞金が発生しない!

クォリファイしていないディーラーの手札

プレイヤーのハンド(役)が不成立の場合

しかしながら、プレイヤー側も与えられた5枚のカードがいつでも役が成立しているとは限りません。ディーラーがクォリファイが成立の場合、当然負けとなります(ANTE、BETもそのまま没収)

勝つには、クォリファイが不成立であることが条件です。つまり、手札の中身がどんな状態であろうとクォリファイが不成立の時点で不戦勝となり、ANTEのみ配当が得られるということです(ANTEの1:1のみで、BETは賭け金がそのまま返還)

※お互い手役がなくても、ANTEからは賞金を獲得される!!

お互いに手役をもっていないパターン

手札が不利な場合の損失の抑え方

クォリファイが成立し、お互い手役を競い負けた場合は、ANTE、BETに置いたチップ全てが没収となります。

但し、与えられた5枚のカードの役が不成立だったり弱かったりで明らかに不利な場合は、事前に勝負を降りることが可能です。この勝負を降りる作業を「フォールド(fold)」といいます。その場合の没収額はANTEの賭け金のみとなります。

ゲームの流れでは、上記③で判断します。

リタイヤ

勝敗時の配当(まとめ)

オンラインのスタッドポーカー

プレイヤーが参加費10ドル(ANTE)で、手役が「スリーカード」の場合を考えます。

クォリファイ成立の場合(勝利時)

例えば、BETにも20ドル賭けて、ディーラーが「ツーペア」の役だった場合、ANTE1:1で20ドル、BETの「スリーカード」が1:3の80ドル、合計で100ドルの配当が獲得となります。

クォリファイ成立の場合(負けた時)

例えば、BETにも20ドル賭けて、ディーラーが「フラッシュ」の役だった場合、ANTEの10ドル、BETの20ドル、合計で30ドルの没収で損失となります。

クォリファイ不成立の場合(勝利時)

ANTE1:1で20ドルのみの獲得となります(BETに賭けてもその金額だけ払い戻し)

フォールド選択の場合(リタイヤ時)

ANTEの10ドルのみ没収

ジャックポット機能が搭載されたおまけ付き!!

カリビアンスタッドポーカーのゲームは、他にも各カジノで「プログレッシブジャックポット」が狙えるゲームも存在しています。ANTE、BETのほかに「Jackpot(ジャックポット)」にもチップをおける箇所が存在し、クォリファイの成立、不成立に関係なく、高額賞金を獲得できます(当然、クォリファイの成立時の勝敗にも依存しません)

せっかくの「フラッシュ」以上の難しい役にめぐり合えたのに、クォリファイの不成立では、もらえるべき高額賞金も獲得できず、これ以上の勿体ない話はありません!!その対策として活用できる面では大変に魅力的です!

カリビアンスタッドポーカーのプログレッシブジャックポット

このゲームの基本ハンド(役)について(参考)

ポーカー系のゲームは基本的に、「2→3→4→.....→J→Q→K→A」ほどハイカード(強)となります。

このゲームの手役について強い順番から解説します。

ロイヤルストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュ

同じ絵柄で、数字が10・J・Q・K・Aで並んだ5枚の組み合わせ。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュを除く、同じ絵柄で5つの連続した数字が並ぶ5枚の組み合わせ。

フォーカード

フォーカード

同じ数字のカードが4枚揃っている状態。残り1枚はどの数字でもOK。

フルハウス

フルハウス

スリーカードとワンペアの組み合わせ。

フラッシュ

フラッシュ

同じ絵柄が5枚揃った組み合わせ。

ストレート

ストレート

絵柄違いの5つの連続した数字が並ぶ5枚の組み合わせ。

スリーカード

スリーカード

同じ数字のカードが3枚揃っている状態。
残り2枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ツーペア

ツーペア

同じ数字のカードが2枚2組揃っている状態。
残り1枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ワンペア

ワンペア

同じ数字のカードが2枚1組揃っている状態。
残り3枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ハイカード(エース/キング)

ハイカード

A/Kを1枚ずつ持っている状態。最下位ハンドとなります。

gotoTop