モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法とは、オンラインカジノなどで用いられるベッティング手法です。
比較的長期戦でコツコツ利益を積み上げるような方法で、成功させれば必ず利益が出る仕組みとなっています。

モナコのモンテカルロ地区で、とある人がこの手法を使い、地区中のカジノを潰してしまったという逸話からこの名がついたと言われています。

そのロジックは少し複雑で、慣れないうちは紙とペンが必要な手法です。
そのため、ディーラーを目の前にしたランドカジノよりはオンラインカジノ向きの手法であるといえます。

では、具体的なやり方を説明します。
モンテカルロ法には、2倍モンテカルロ法と3倍モンテカルロ法があります。
2倍配当のゲームでは、2倍モンテカルロ法を使います。

まず1ドル、のように基本のベッド数を決め、その連続数を1、2、3のように3つ並べます。
そして、その両端の数字を足した4を賭け金としてベッドします。

勝った場合には、両端の数字(この場合は1と3)を一つずつ消します。
負けた場合は、元の連続数の後にもう一つ数字(この場合は4)を並べます。

両端の数字を足した数を賭け金としてベッドすることを繰り返し、最終的に数字が1つになるかなくなるまでを1セットとして続けます。

3倍配当のゲームでは、3倍モンテカルロ法を使います。
基本的なやり方は2倍モンテカルロ法と同じですが、勝った場合に消す数字の数が2つずつになります。

モンテカルロ法とは?

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のメリットの1つ目は、賭け金が高騰しづらいことです。
マーチンゲール法など、ほかのベッティング手法には多額の賭け金を必要とするような手法もありますが、モンテカルロ法は一度に賭け金が膨らむことはないので、多額の資金がなくても取り入れることができる手法となっています。

モンテカルロ法のメリットの2つ目は、得られるリターンが大きいことです。
例えばマーチンゲール法は、仮に勝つまで続けても得られる利益は最初の賭け金分のみであることから、ローリターンな手法であると言われますが、モンテカルロ法は複数回勝てば比較的大きなリターンを得ることができます。

モンテカルロ法のメリット

モンテカルロ法のデメリット

モンテカルロ法のデメリットの1つ目は、ゲームが長期戦となることです。
モンテカルロ法で利益を得るためには、基本的には複数回勝つことが必要となります。

そのため、1回の勝利で負けを取り戻すような他のベッティング法と比べて、1セットにかかる時間が長くなりやすく、ゲームが長期戦となる傾向があります。

モンテカルロ法のデメリットの2つ目は、ロジックが複雑でややこしいことです。
他のベッティング法の中には、賭け金を倍にしていけばいいだけのマーチンゲール法のように、難しい計算や記憶が必要のない手法もありますが、モンテカルロ法は仕組みが複雑で、慣れるまではメモなどをしながらゲームをする必要があります。

何も考えずに単純にゲームに没頭したいような人には向かない手法と言えます。

モンテカルロ法を使う際のポイント

モンテカルロ法を使う際のポイントの1つ目は、2倍配当または3倍配当のゲームを選ぶことです。
おすすめは3倍配当のゲームです。

例として、ルーレットの「ダズンベット(1ダース12点賭け)」や、「コラムベット(1列12点賭け)」などがあります。
2倍配当のバカラ、ルーレットの赤白、ブラックジャックなどでも使うことは可能です。
ただし、連勝して終わらないと利益が生まれない場合があります。

モンテカルロ法を使うポイントの2つ目は、時間に余裕がある時に行うことです。
特に負けが続いた場合、1セットが終わるまでにかなりの時間がかかります。
時間の都合で途中で断念することのないよう、時間に余裕を持ってゲームに臨みましょう。

モンテカルロ法を使うポイントの3つ目は、紙とペンを用意することです。
モンテカルロ法は、はじめのうちは単純に思えても、ベッドが続いていくにつれて非常に複雑な数列になっていきます。
頭の中だけで全てを記憶することは非常に難しいため、自分の記憶力を過信せずに、紙とペンを用意し、ゲーム中しっかりメモをとりながら行うことがポイントです。

モンテカルロ法を使う際のポイント

慎重派の方向けの手法

モンテカルロ法は、慣れるまで紙とペンが必要な複雑なロジックで、比較ゲームが長期戦になりやすいことから、ランドカジノよりもオンラインカジノ向きのベッティング手法です。

その仕組みは少し複雑ですが、複雑な計算が必要というわけではないため、紙とペンを使って冷静にメモしていけば誰でもチャレンジできる手法です。

また、比較的賭け金が高額になりにくいことからも、初心者の方でも取り入れやすい手法であるといえます。
ギャンブル性の高いカジノにおいて、できるだけコツコツ利益を出したいという慎重派の方は、モンテカルロ法にトライしてみてはいかがでしょうか。