マーチンゲール法の紹介

マーチンゲール法の紹介

ギャンブルの世界でよく耳にする攻略法・必勝法の一つにマーチンゲール法があります。マーチンゲール法は、前回の賭け金をさらに倍にして進めていく至ってシンプルな攻略法です。これはゲームに負け続けている間に適用できるやり方です。

この攻略法の凄いところは、「勝利はたった一回だけで良い!」という点です。マーチンゲール法の終了地点は、一回目の勝利が達成したときです。つまり、最後に1勝すれば成立するわけです。最後の1勝で賭けた金額が最大の賭け金となり、1勝で獲得した勝利金がマーチンゲール使用中に 失った金額をリカバリーしてプラスアルファー利益を得ていく戦法として用いられます。

またマーチンゲール法を使い始めた最初の1,2ゲーム目で負けてもメンタル的に楽でいられる面でもメリットとして挙げられ、気持ちに余裕をもって取り組めます。「(負けの回数)≧(ラストの一回だけの勝ち)」の方程式で成り立つのが特徴的です。たった一度だけ勝利すれば資金利益を得られるわけです。

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法の使用方法

マーチンゲール法のやり方は、賭け金を倍にしていく形で実にシンプルです。一回目の賭け金が1ドルだと、2回目が2ドル、3回目が4ドル、という風に進めていきます。このマネーシステムは、2倍配当のゲームを専用で使える攻略法です。

ここでブラックジャックやルーレットの「レッド/ブラック」「ハイ/ロー」など2倍配当を得られる賭け方でマーチンゲール法を適用してみます(下記、4連敗後に1勝の場合)

2倍配当ゲームでマーチンゲール法を適用
回数 賭け金 勝敗 残高利益
1回目 1ドル 負け -1
2回目 2ドル 負け -3
3回目 4ドル 負け -7
4回目 8ドル 負け -15
5回目 16ドル 勝ち +1

前でも述べたとおり、一回目の勝利を生み出せば成功する攻略法で、上の表でも5回目のゲームの1勝で損失状態の利益をプラスに転じています(残高利益が+1)

継続して負けている限り、賭け金を倍にしていくのがマーチンゲールの特徴ですが、5回目に1勝に限らず、どのタイミングでも勝ちを導けば同じ大きさの残高利益を残すことができます。

ここで最終的な利益を残せる大きさは、「初回のベット額分」であることです。先の例では初回ベットが1ドルの場合を述べましたが、初回ベットは何ドルでもOKです。つまり1回目の賭け金が大きければ大きいほど、利益も大きな額が望めます!!

1単価の設定方法

2倍配当に有効なシステムベット

今までに述べた特徴から、「1回の勝率が1/2」「勝つのは一度だけでOK」「初回ベットが大きければ利益も大きい」ことから、大変美味しい点が勢ぞろいのマーチンゲール法ですが、気をつけるべき点もあります。

やはり一番言えるのが、資金残高に対して利益の高望みをしすぎないことに尽きます。なぜなら、失敗して大やけどする可能性が高いからです。

ここでマーチンゲール法の進行する度に投資していく賭け金の累計総額と1回目から連敗する確率を以下に示します(初回ベット1ドル)

マーチンゲール法の累計投資と連敗する確率
回数 賭け金 累計投資分 連敗率(%)
1回目 1ドル 1ドル 50%
2回目 2ドル 3ドル 25%
3回目 4ドル 7ドル 12.50%
4回目 8ドル 15ドル 6.25%
5回目 16ドル 31ドル 3.125%
6回目 32ドル 63ドル 1.563%
7回目 64ドル 127ドル 0.781%
8回目 128ドル 255ドル 0.391%
9回目 256ドル 511ドル 0.195%
10回目 512ドル 1023ドル 0.098%

二者択一の賭け方に仕えるマネーシステムを考えれば、「どこかで必ず勝てる!」という期待感が高まりますが、目的とする利益分(初回ベット)はよく考えて設定することがおすすめです。ここでの連敗する確率は、「(1/2)×(1/2)×(1/2)×.....」の計算で成り立ちます。

確かに初回ベットを高く設定すれば、1勝した時の残高利益は大きいし喜びも相当なものですが、1ゲームで負けてしまった時のショックも比較的大きいものです。また、持っている資金に対してチャレンジ回数も狭くなります。連敗率が高い中で高額ベットに挑戦することになり、負けてしまって資金に底がつくスピードが速くなるからです。

また、オンラインカジノで実戦する際、規定された上限ベットに縛られる難点もあります。ブラックジャックやルーレットなど各種テーブルゲームには、ゲーム作品によって異なるものの、最大で賭けられる金額は必ず規定されています。

プレイヤーの手持ちの資金とゲーム作品の上限ベットをチェックした上で、それに見合った利益目的を決めてプレイしていくことがベストです。

マーチンゲール法のまとめ

マーチンゲール法の利点と欠点

このようにマーチンゲール法は、実践したての段階では期待感を味わえる攻略法ですが、連敗が継続すると「一度も勝てなく資金もなくなってしまうかも」と不安も差し掛かります。そういった状況下でようやくたった1度の勝利を導くことでハッピーな気分になれるのはよくあるパターンです。

マーチンゲール法は、資金が底をつけば失敗ですが、それは当然のように連敗を喫した延長の結果です。確率論から考えると、「(1/2)のn乗」の理論でその低い確率から滅多に起こらないものと思いがちですが、実戦では理論とはかけ離れた奇跡が起きることがあるように、最悪の場合も考えられなくもありません。

その辺を意識した上でマーチンゲール法を楽しんでみると良いでしょう!

gotoTop