スリーカードポーカー(3 Card Poker)

スリーカードポーカー

ポーカーゲームと言えば、5枚のカードで手役を競うものとしてイメージが湧くのが普通でしょう。最近は、色々がゲームが誕生して世界中で様々な遊び方として蔓延されています。

そんな特殊的なゲームとして、3枚の手役で競うゲームで知られる「スリーカードポーカー」もその一つです。

カリビアンスタッドポーカー同様、プレイヤーとディーラーの1対1の対戦型ゲームで、どちらの手札が強いかを競います。使用するカードの枚数が大きな相違点で、「スリーカード」のその名のごとく、3枚のカードで手役の強さを競います。当然ながら、3枚のカードで成り立つ役の種類も異なっています。

このゲームで使うハンド(役)についてはこちら!

ルールや遊び方について

スリーカードポーカーは、その名のごとく、3枚のカードを使ってプレイするゲームです。カリビアンスタッドポーカー同様、プレイヤーとディーラーの1対1の対戦型で手役が強い方が勝ちとなります。

スリーカードポーカーには、「ANTE(アンティ)」、「Pair Plus(ペアープラス)」、「Play(プレイ)」のチップが置ける3種類の箇所があります。プレイヤーが勝利すれば配当がもらえますが、実は勝敗に関係なく配当の獲得箇所も含む点がスリーカードポーカーの特徴です。

ゲームの流れは、以下となります。

アンティとペアープラスにチップを置く

①プレイヤーは「ANTE(アンティ)」に賭け金のチップを置きます。また「手元の手役が成立する」に賭ける場合は、「Pair Plus(ペアープラス)」にもチップを置きます。

プレイヤーの手札のディーラーの手札

②ディール作業して、プレイヤーとディーラーにそれぞれカードが3枚ずつ配られます。その時、プレイヤーの手元のカード3枚は中身がオープン(公開)されます。ディーラー側は、まだクローズ(未公開)状態のままです。

この状態で3枚の手札に対して、勝負に出るか否かを決めます(勝負に出るなら「プレイ」、降りる場合は「ホールド」を選択)

Play(プレイ)に同額のチップを置く

③勝負に出る場合、「Play(プレイ)」にANTE(アンティ)と同額のチップが置かれます。

手札の比較

④お互いの手札が公開され、手役の強さを比較します。ディーラに優る手役であれば勝ちとなり、配当を獲得できます。

※プレイヤーが「ストレート」、ディーラーが「エース・ハイ」の手役でプレイヤーの勝ち!!

ビッグチャンス!勝敗に無関係のPair Plus(ペアープラス)

ハンド(役) Pair Plus(ペアープラス)配当倍率
ストレートフラッシュ 40:1
スリーカード 30:1
ストレート 6:1
フラッシュ 4:1
ペアー 1:1

スリーカードポーカーは、ベットを置く箇所が3種類ある分、配当の獲得パターンも様々です。手役が強いほど高額な配当をもらえるのも特徴的です。

例えば、プレイヤーが「ストレート」の手役だった場合、ディーラーが「フラッシュ」以下の弱い役なら勝ちとなりますが、勝敗に関係なくペアー以上の強い手役を出した場合に賞金が貰える「Pair Plus(ペアープラス)」という特典があります。

Pair Plus(ペアープラス)は、プレイヤー自身の判断でチップを置く箇所で、「ペアー以上の役」に賭けたい場合にベットできます。強い役ほど高額な配当を手にすることができます。

ANTE(アンティ)、Play(プレイ)から1:1の配当

猫と一緒でスリーカードポーカー

スリーカードポーカーもディーラーとの勝負に勝てば、別途、通常の配当がもらえます。この場合は、チップを置いたANTE(アンティ)から1:1の配当となります。

また、ディーラーが勝負に出る資格は「クイーン・ハイ」以上が条件で、見事勝利すれば、Play(プレイ)からも1:1の配当がもらえます(ディーラーの手役が不成立なら、賭け金のみ返還)

ANTE(アンティ)からボーナス特典付き!

ハンド(役) アンティボーナス配当倍率
ストレートフラッシュ 5:1
スリーカード 4:1
ストレート 1:1
フラッシュ なし
ペアー なし

獲得できる賞金はそれだけに止まりません!!
さらには「アンティボーナス」といって、「上から3強の手役」に対してANTE(アンティ)から重ね付けボーナスが獲得できます!!

Pair Plus(ペアープラス)から高額な配当に加え、ANTE(アンティ)からもボーナスを手に入れられるという大変においしい話です!!

プレイヤーのハンド(役)が不成立の場合

反対に、当然のごとくプレイヤー側も手役が成立しない可能性もあり、ディーラーが「クイーン・ハイ」以上の場合は、チップを置いた箇所の全てが没収となります。

但し、ディーラーも「クイーン・ハイ」以上の手役が成立しない場合は、不戦勝となりANTEのみ配当が得られます(Playの賭け金はそのまま返還)

※画像のように手元の役が最弱でも挑む価値があります!

ノー手役で勝つポーカー

損失を抑えるやり方

お互い手役を比較しディーラーの役が強い場合は、ANTE、Playに置いたチップは没収となります。

但し、「手元の札が弱くて不利」、「ディーラーの強い手札が出そう」な場合は、事前に勝負を降りることが可能です。この勝負を降りる作業を「フォールド(fold)」といい、その場合の没収額はANTEの賭け金のみとなります。

ゲームの流れでは、上記③で判断します。

リタイヤ

勝敗時の配当(まとめ)

オンラインのスリーカードポーカー

プレイヤーが参加費10ドル(ANTE)で、手役が「ストレート」の場合を考えます。

ディーラーがクィーンハイ以上の場合(勝利時)

例えば、Playにも10ドル賭けて、ディーラーが「フラッシュ」の役だった場合、ANTE1:1で20ドル、Play1:1で20ドル、さらに「アンティボーナス」の1:1の10ドル、それらの合計で50ドルの配当が獲得となります。

ディーラーがクィーンハイ以上の場合(負けた時)

例えば、Playにも10ドル賭けて、ディーラーが「スリーカード」の役だった場合、ANTEの10ドル、Playの10ドル、合計で20ドルの没収で損失となります。

ディーラーのハンド(役)が不成立の場合(勝利時)

ANTE1:1で20ドルのみの獲得となります(Playに賭けてもその金額だけ払い戻し)

フォールド選択の場合(リタイヤ時)

ANTEの10ドルのみ没収

Pair Plus(ペアープラス)に10ドルをベットしたとき

もし、Pair Plus(ペアープラス)にも10ドル賭けた場合、別途、6:1の配当で70ドル獲得となります。

勝負に勝ち、且つPair Plusにも賭けていれば、一番最高の金額で50+70=120ドルを獲得できます!!

Pair Plusは前述したように、勝敗に関係なく手役が成立すれば配当がもらえ、例え勝負に負けても手役が成立すれば、没収金額20ドルから差し引いて、50ドルを獲得します(たまたまPair Plusに相当な起爆力だった為、結果的に収支プラス)

但し、万一、強い手役が揃ってフォールドを選択した場合は、ANTEの10ドルのみならず、Pair Plusの10ドルまで没収されてしまいますので注意しましょう!

Pair Plus(ペアープラス)でジャックポット

このゲームの基本ハンド(役)について(参考)

ポーカー系のゲームは基本的に、「2→3→4→.....→J→Q→K→A」ほどハイカード(強)となります。

このゲームの手役について強い順番から解説します。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

3枚とも同じ絵柄で連続した数字

3カード

3カード

3枚とも同じカード

ストレート

ストレート

連続した数字

フラッシュ

フラッシュ

3枚とも同じ絵柄

ペアー

ペアー

同じ数字のカードが2枚

エース・ハイ

エース・ハイ

エースが最強のハンド
(残り2枚はキング以下の別々のカード)

キング・ハイ

キング・ハイ

キングが最強のハンド
(残り2枚はクイーン以下の別々のカード)

クイーン・ハイ

クイーン・ハイ

クイーンが最強の最下位ハンド
(残りの2枚は10以下の別々のカード)

gotoTop