ビデオポーカー(Videopoker)

ビデオポーカー

巷のゲームセンターなどの店内で壁際によく設置しているゲーム台に「ビデオポーカー」というゲームもよく見かけることでしょう。

ビデオポーカーは、他のポーカー系ゲーム同様、手役を揃えて配当を得ていくゲームの一種です。他のポーカーとの違いは、ディーラーが存在しない 一人用ゲームである点です。即ち、ビデオゲームとして純粋に最低基準の手役を揃えば、無条件に配当を得られることができます(もちろん、手役が強ければ強いほど配当も大きく得られます)

基本的なやり方として、手元に全公開の5枚のカードが出され、ホールド(残す)するカードを選択し、残りのカードはランダムに別のカードに交換されます。この時点で手役が揃えば、その強さに応じて高い配当が得られます。ここまでが基本的な1ゲームの流れとなります。

このゲームで使うハンド(役)についてはこちら!

具体的なゲームの流れ

ビデオポーカーのディール

①賭け金をセットし、ディールして手元5枚のカードを公開します。

ホールドカードの選択

②5枚のカードから、ホールドしたいカードを選択します。

ダブルアップのボーナスチャンス

③再度ディールさせて、ホールド以外のカードが交換された状態で手役の有無が確認されます。手役が揃えば、配当が得られる前に「ボーナスゲーム」が与えられます(参加すれば、配当が上乗せのチャンス!)

数字の大きいカードを選択

④ボーナス参加の場合は、一番左のカードより数字の大きいカードを出せば配当がさらに上乗せされます。

ダブルアップの再チャレンジ

⑤ボーナスゲームに勝てば、さらに配当をデカくするボーナスチャンスが与えられます。

※配当の獲得リミット内であれば何度でもチャレンジ可能です!!

ダブルアップで配当をさらに上乗せ!

上述でゲームの流れを簡単に説明しましたが、オンラインカジノのビデオポーカーには、手役が出たら配当がさらに上乗せできるビックチャンスがあります!!

大きい数字のカードを引いて成功すれば、従来の賞金の倍額を得ることができます!(ダブルアップの他にハーフダブルのボーナスも有り!)

但し、ゲームによっては公開中の数字のカードより大きい数字で配当得られる以外の他のダブルアップも存在しています。

ボーナスリミット制限以内なら何度でも挑戦でき、勝ち続ければ高額配当を手にすることも夢ではありません!!
(但し、一度負ければ、積み重ねた賞金は損失されます)

ビデオポーカーのダブルアップ

5クレでジャックポットのチャンス!

ビデオポーカーのベットシステムには、コイン枚数の区分で分けられています。プレイヤー自身のお好みでプレイが可能です。配当も手役の強さによって様々です。

5コインなら、一回毎に相当な賭け金となりますが、手役が強ければ強いほど、配当も一気に膨れ上がり、起爆力も半端ありません!!

特に手役が最強と言われるロイヤルストレートフラッシュがでれば、起爆力として最大に発揮するジャックポットを手にすることも可能です!!

その大きさは、『5クレジットで4000』という大きさから、賭けた金額に対して800倍のビッグ配当です!!

ロイヤルフラッシュのジャックポット

このゲームの基本ハンド(役)について(参考)

ポーカー系のゲームは基本的に、「2→3→4→.....→J→Q→K→A」ほどハイカード(強)となります。

このゲームの手役について強い順番から解説します。

ロイヤルストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュ

同じ絵柄で、数字が10・J・Q・K・Aで並んだ5枚の組み合わせ。

ストレートフラッシュ

ストレートフラッシュ

ロイヤルストレートフラッシュを除く、同じ絵柄で5つの連続した数字が並ぶ5枚の組み合わせ。

フォーカード

フォーカード

同じ数字のカードが4枚揃っている状態。残り1枚はどの数字でもOK。

フルハウス

フルハウス

スリーカードとワンペアの組み合わせ。

フラッシュ

フラッシュ

同じ絵柄が5枚揃った組み合わせ。

ストレート

ストレート

絵柄違いの5つの連続した数字が並ぶ5枚の組み合わせ。

スリーカード

スリーカード

同じ数字のカードが3枚揃っている状態。
残り2枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ツーペア

ツーペア

同じ数字のカードが2枚2組揃っている状態。
残り1枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ワンペア

ワンペア

同じ数字のカードが2枚1組揃っている状態。
残り3枚は何でもOK(より強い役の可能性あり)

ハイカード(エース/キング)

ハイカード

A/Kを1枚ずつ持っている状態。最下位ハンドとなります。

gotoTop